家相で家造りを考える > 家相間取りと吉方位ガイド > 2つの玄関と家相

家相間取りと吉方位家相ガイド

2つの玄関と家相


二つ目の玄関
間取り作成の時に十分に検討し作成した建物であっても、生活してゆくうちに当初考えていた使い方とは違ったものとなることは良くあることです。

家相の質問の中でも玄関(アプローチ)に関する質問は多く、本来とは違った使い方をしたことで凶意が発生したのではないかという相談も何件か行っています。

中でも一番多いのが建物への出入りのトラブル。
これは玄関から出入りするところを、玄関以外の窓や勝手口(テラスドア)からの出入りを日常的に行ってしまうことで引き起こします。

最初送られてきた図面を見ても、玄関の家相は吉相で計画されているので理由が分からず首をかしげるしかありません。

何度かのやり取りの中で確認してゆくと、駐車場からテラスドアが近いのでそちらからの出入りを常用しているとのこと。

この方の場合は極端な使い方で、テラスドアとは言っても洒落たデザインで外から見れば玄関ドアのように見えるので特に違和感もなかったようです。

北東(鬼門)エリアにかかっていましたが、食堂側のドアでしたので通常な懸念となる事はないのですが、上記の用に玄関として使ってしまっていたので鬼門の作用が発生していたようです。

鬼門とか裏鬼門の場合、一般居室(居間とか老人室)であれば用途しては問題ないのですが、別の使い方をすれば話は変わってきます。

たまにであれば良いのでしょうが、日常の出入りとして常用しているようであれば、その場所の名称が玄関でなくても玄関としての作用が発生する事となります。

逆に玄関と名がついていても、玄関として使わなければその用途(玄関)としての作用は発生しないことになります。 ※土間欠けなどの問題は省略。

2つの玄関と家相

以上は、建物を本来とは違った使い方をすることで、建物に2つの玄関がある間取りに変わってしまった例ですが、割と意識せずに行ってしまう家相のトラブルです。

他の用途、例えばキッチン(台所)やトイレ、浴室洗面所などの水回りは、玄関のように別の場所でその用事ができないので、問題は起きにくいのですが

台所で体を洗うようなことをしたり、お風呂やシャワー室で小便をするようなことを日常行っていれば、2つの玄関と同じような凶意が発生することもあるので十分注意して下さい。

家相で家造りを考える 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水
家相診断 家相鑑定(特典付き)
良い家相で得られるものそれは家庭の平安です。
家族が幸せで健康となる家作りをお手伝いします。
方位診断・引越日の選定(特典付き)
引っ越し日の入居月日のアドバイス。子供は2人までは無料となっています。