家相入門 > 家相の間取りと家相の吉凶 > 家相のチェックのしかた 混乱しない家相判断のために

家相入門

家相の間取り


家相のチェックについて
家相の判断をする時の参考となるよう、家相で注意すべき点をまとめてみました。
間取り作成をする際の参考として下さい。

【家相入門】では、自分で家相の良し悪しがわかるよう、家相の判断に必要なノウハウを詳細に公開しています。

トップページから順番に読んでゆけば、必要な知識を得られるように作っています。

例えばこれから間取りを作成して、その家相の良し悪しを判断する場合何からチェックしてゆけばよいのでしょう。

まず最初に建物の形状です!
一般的には張りと欠けのあるなしをチェックします。

ほとんどの欠けは凶相となりますが、張りも凶相となる場合があるので吉相にしたいからと無理に張り形状を作るような事は避けた方が良いでしょう。
建物形状の良し悪しがわかったら、凶相となる部分があれば間取りを変えるなどして対処します。

次に、基本となる用途とのチェックをします!
一般的には、玄関、トイレ、キッチンをまず最初に判断します。

これらの用途は、鬼門(北東エリア)裏鬼門(南西エリア)、南エリア(玄関はのぞく)宅心・宅心エリアを避けて配置する事を考えて間取りを作成して下さい。

最初にチェックする部屋に浴室が入っていないのを不思議に思ったかもしれませんが、これらの部屋より優先順位としては下となります。

当然、浴室もこれらの方位は避けるべきですが、間取り作成でどうしようも無い事もありますので、その場合は先に書いた部屋を優先させます。

基本といて正中・四隅15度エリアには、トイレの便器やキッチンセット、玄関ドアは配置しない方が無難となります。

家族の九星・十二支に関する方位については、作成した間取りの良し悪しをチェックし、対処がすんでから行って下さい。

同時に行おうとすると混乱するので注意して下さい。

正中・四隅に関する家相の思想については、まとまった理論がありますが、本格的に占いをしようとする人以外は必要無いと思います。

正中、四隅についての質問で、混乱して訳が分からなくなっている方が時々いますので、詳しく書いても混乱を招くだけなのでこれ以上詳しく書く事はないと思います。





前へ

トップ

次へ

家相診断・方位診断や質問はこちらからどうぞ。

Copyright (C) 2014 家相の間取りと家相の吉凶 All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
      


家相診断 家相鑑定(特典付き)
良い家相で得られるものそれは家庭の平安です。
家族が幸せで健康となる家作りをお手伝いします。
方位診断・引越日の選定(特典付き)
引っ越し日の入居月日のアドバイス。大人1人2,000円、子供1人1,000円