家相入門 > 家相の間取りと家相の吉凶 > 家相と中古物件

家相入門

家相の間取り




中古物件の家相について
去年の12月に中古戸建て物件を購入しました。
その家の前には中心より少しずれていますが電信柱とゴミ収集所があり、一階玄関からドアを脱衣所扉を挟み正面にトイレがあり、玄関上にトイレがあります。
入居してからいろいろな部分が気になり対処法を教えて頂きければありがたいのですが。

回答
家相として良くない場所を判断し、リフォームなどで間取りを変更する事です。
それができないのであれば、家相としての影響は発生します。

影響を軽減するための補正対処としては、玄関、トイレ、キッチンなどに観葉植物や花を育成する事はよい対処となります。
また、清掃をまめに行い、通気換気を常によくしておく事も大切です。

中古住宅の玄関と家相
中古住宅の購入を考えています。鬼門について質問ですが裏鬼門に玄関がかかるみたいです。良いのでしょうか

回答玄関の扉の位置が南西四隅線上エリア(15度)にかかっているのであれば、建物全体の家相の良し悪しも良く判断してから、購入を決める事です。中古住宅の車庫、駐車スペース

古屋つき駐車場なしの物件を買ってリホームする予定なのですが、敷地一杯一杯に建物が建っており駐車スペースがなく家の中心から見て北東の角に六畳の応接間がありその応接間を駐車スペースにするしか場所がない状態です。しかし、北東・南西は「鬼門裏鬼門」ですよね。

駐車場の形は建屋と一緒のBOXタイプシャッター付が良いのか、応接間部分を外壁から削り取ってカーポートをつけるのが良いのかどちらの方が家相的に適しているのですか。

どうしても作る場合はどのように対処したらよろしいですか又、駐車場での洗車は避けた方が良いのですか。

回答
北東方位であれば、駐車スペースとなる建物部分を解体して、屋根無しの露天の駐車スペースとすることが理想です。

洗車については、水が溜まるような事とならなければ、影響は少ないと判断します。
駐車場を設けることで建物の家相の良し悪しがどうなるかは不明ですのでここでは省略します。

中古物件と家相
引っ越し予定の中古物件を近々購入予定です。
リフォームしますが、資金に余裕はないため間取りはそのままです。

玄関は西正中より少し南にずれ、トイレは西正中に入ります。
浴槽蛇口が北西正中15度に少しかかり、台所のコンロも北正中15度にかかるかもしれません。
階段上り口は西北西、二階の下り口は北西正中にかかります。

回答
文面だけの判断となりますが、張り欠けの問題は無いものとして玄関扉の位置が、西正中15度エリアを避けているのであれば問題無し。

便器位置が西正中15度エリア内にあるのであれば懸念あり。
キッチンは北正中エリア(15度)にかかるのであれば懸念がありますが避けていれば、まずまず無難。
浴室は大きく問題は無いように思われます。
階段は上り口、下り口共に北西四隅線エリア(15度)を避けているようなので問題は無いようです。
移動は凶方位とならないよう注意して移動してください。
競売物件
中古競売物件を購入しました。
夫婦ともに一白水星で、主人は個人事業をしています。
前の方が事業失敗してと聞き、家相調べたら鬼門のど真ん中に玄関、真北の階段下に窓のないトイレ。リフォームの出来ない所らしくどのように対処したらいいでしょうか?

回答
家相に色々と問題がある物件で、而もリフォームできない物件を既に購入したのであれば、可能な限り補正をして吉の影響力を強く発生させ、凶意の影響力の発生を弱小として居住をすることです。

中古物件の購入
玄関を入った真っ直ぐ先に階段があります。
しかも南北に伸びる正中線上に玄関扉(南正中線上)と階段上り口(北正中線上)がちょうどかかります。
中古住宅の購入を検討中のため改造はできないのですが、何か対処法はあるでしょうか。

ちなみに他の質問を参考に、玄関と階段に観葉植物を置き、玄関から階段が見えないようにノレンか扉を付けることを考えているのですが、これで対処できますか。
それとも凶の要素が多いので購入を見合わせるべきでしょうか。

回答
購入するしないの判断は、この文面では難しい。
家相は間取りの良し悪しの判断となるので、凶相であれば簡単なリフォームも出来ないのであれば対処は難しいかもしれません。

階段の上り口が凶相でない事。玄関は方位エリアとしては凶方位でない事。

玄関位置は正中線上を避けた方がよい。他所の家相が吉相であれば、比較的無難と判断する事もあります。
家相の変更が出来ないのであれば、少なくとも入居時期を吉方位とする事は大切です。

アメリカの中古住宅
アメリカ在住で、中古の家を探しています。
さて、ここのほとんどの家(平屋)がL字型をしていて、たとえば、東西にのびる長方形の住宅部分に南北のガレージが壁でくっついていて、屋根も続いています。

住宅部分とガレージがひとつのドアでつながっていて、ガレージにはシャッター があります。
先生のウェブサイトを読んで、ガレージが欠けの構造となりうるということを知りま したが、このケースでもそうなるのでしょうか。
つまり、L字型と考えて中心を求めるのか、住宅部分の長方形のみを考慮したらよい のか、教えていただけると幸いです。

回答
質問の内容をまとめると「宅心を求める時、ガレージを含めるかどうか」ということです。
今回の建物の場合、ガレージを含めて宅心を求めて下さい。







前へ

トップ

次へ

家相診断・方位診断や質問はこちらからどうぞ。

Copyright (C) 2014 家相の間取りと家相の吉凶 All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
      


家相診断 家相鑑定(特典付き)
良い家相で得られるものそれは家庭の平安です。
家族が幸せで健康となる家作りをお手伝いします。
方位診断・引越日の選定(特典付き)
引っ越し日の入居月日のアドバイス。大人1人2,000円、子供1人1,000円