家相入門 > 家相の間取りと家相の吉凶 > 玄関ポーチと家相

家相入門

ポーチの家相
北西に張り形態の玄関です。
玄関部分までは、建物縦横共に3分の1以内の張りですが、外のポーチの部分 を含めると縦が3分の1を超えてしまいます。
ポーチの形態は、基礎が建物とつながっていない独立した基礎ですが、柱が両 側に立っており、屋根は建物からその柱までつながったかたちで付いています。

袖壁はありません。
柱とつながった屋根のみです。

回答
ポーチの大きさにもよりますが、一般的な住宅の標準的なポーチ(屋根柱)で あれば、建物形状には含めないで張り欠けを判断して下さい。
今回の質問の建物なら、張り相として判断して良いと思います。

北東(鬼門)の玄関ポーチ
玄関の事なんですが、玄関は東北の位置にあります。
玄関が欠けや張りになるのが嫌だったので長方形の家を作りました そしたらポーチが飛び出る形になってしまいました。
ポーチが出てしまうとこれは張りになってしまうのでしょうか、張りになると良くないのでしょうか。

回答
張り欠けの判断については、的確に方位指標をして建物の形状バランスにより判 断することが大切ですが、質問からすれば、張りの構相と思われます。
北東、南西の方位は張り構相も欠け構相も、ともに凶相となります。
ただし、北東右エリアの小さな張り構相は、吉相となります。
平和な家庭が得られます。 小さな張り構相とは、北東右エリアだけが貼り出ている形状の相です。


ポーチ屋根について
南東方位に1部屋分の出っ張り、東方位に玄関があります。
北東位に出っ張った部屋ははなく、玄関の引き戸と北東位の洋室の外壁に段違いはなく、直線です。
玄関引き戸を出たところで、右手に出っ張る部屋の外壁、頭上に玄関ポーチの屋根、そのポーチ屋根を支える為の太い2本の柱、地面へ続く3段があります。

ポーチ屋根は、南東位の出っ張り部屋の屋根と同じ高さで、面積は南東位の出っ張り部屋より若干小さめです。
ポーチ屋根と出っ張り部屋の外壁とは少し離れて隙間があります。
出っ張り部屋並びにポーチ上に2階部分はございません。
この玄関ポーチは張りとなりますでしょうか。

回答
質問をまとめます。
南東の張り出しの長さが不明。
ポーチは2方向が壁。(東と東南)

ポーチ屋根は東南方位の部屋とつながっていない。
以上から判断した場合。
東南の部屋の長さによっては、ポーチを含めたこの部分は欠けになる可能性が有ります。
少なくともこのポーチは張りではありません。

玄関ポーチと宅心
家の中心を求める際に、玄関外部のタイル張りしたような基礎と一体になったコンクリート部分やひさし部分は含めて対角をとるのでしょうか。

回答
建物の中心は、建物内部の中心となります。
基礎があっても外部と判断できるのであれば含みませんし、ポーチでも内部と判断すれば含めて、中心を出すことになります。




前へ

トップ

次へ

家相診断・方位診断や質問はこちらからどうぞ。

Copyright (C) 2014 家相の間取りと家相の吉凶 All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
      


家相診断 家相鑑定(特典付き)
良い家相で得られるものそれは家庭の平安です。
家族が幸せで健康となる家作りをお手伝いします。
方位診断・引越日の選定(特典付き)
引っ越し日の入居月日のアドバイス。大人1人2,000円、子供1人1,000円