家相入門 > 家相の間取りと家相の吉凶 > 家相と欠けの判断、東南の欠け

家相入門

家相の間取り



張り欠けの判断
分譲地に家を建設するにあたりレイアウトを考えていますが、土地の形状から建物、駐車スペース等を考慮すると、下記配置(1マス910mm)の建物となり、方位、張り欠けの影響による凶作用の回避は可能でしょうか?
状況は以下の通りです。

・宅心:D7中央(ややC8寄り)
・真北:宅心よりA8中央方向(ややA9寄り)
・A〜D12張出しは北東四隅15度から東正中左エリアにかかり、AB9〜12(北正中右エリア〜北東四隅エリア)が洗面脱衣所と浴室。
・H10〜11の張出しは東南正中15度及び東南正中左エリアにかかり、キッチンの一部。
・AB1〜2の張出しは西正中15度から西正中右エリア までにかかり玄関となり、扉の向きはCからDの方向に開閉。

家相図


回答
こんにちは質問の建物の説明から、こちらで簡単に診断図を作ってみました。
宅心は当方で計算して求めています。
方位については不正確な部分がありますのでご容赦下さい

家相図


の図を元に張り欠けの判断をすると
Aは若干張り過ぎのきらいがありますが西エリアの張り相
Bは東南エリアの張り相
Cは東エリアの欠け相と判断

Cについては、部屋の用途によっては張り欠け無しと判断するかもしれませんが、ここでは割り引いて欠けとしておきます。

間取りの良し悪しについては今回は判断しませんが、建物形状としては大きく問題となるようには感じません。

このまま計画を進めて良いと思います。

家相については、このサイトで詳しく説明していますので参考として下さい。


張り欠けについて
2Fの欠けについてご相談させていただきます。
1Fは張り欠けはありませんが、2Fは西から南西面にかけてインナーバルコニーとなり、真ん中(南西のところ)くらいで1.5坪程の欠けになります。
この2Fの欠けは良くないでしょうか?
□がバルコニー部です。



回答
このAAの割合が正しいとした場合、多段欠けの欠け相となっています。
この欠けの場所がどのような用途の部屋にもよりますが、
2階の一般居室(寝室、子供部屋等)の用途であれば、
1階ほど重きをおかないこともあります。



欠け張り 間取りを変える以外、欠けの影響そのものを無くすことはできませんが、
バルコニーの★の部分を壁にして屋根を大きく架ける事ができれば、建物の形状は安定するので欠けの補正となります。

南東の欠けについて
家世主は私(女)で両親と暮らしています(1戸建)
北西に玄関(西向き)の玄関ポーチに欠け2F部分あり(柱もあります)
2F南東に欠け(テラスの屋根あります)
この状態は最悪と言うことになりますか?

最近大きな手術をしたり、身内がなくなったり怖くて仕方がないんです。
ガスレンジの真上で寝てるからだとか言われて移動したら玄関ポーチの真上(玄関ドア)にかかってしまってそれもよくないとか・・・
どこを寝室にしたらいいのか北西〜南東の欠けが原因なんでしょうか。
とてつもないしょうもないことなのかも知れませんがご指導くださいませ。

回答
既に居住しているので、欠けの判断が正しければ凶意が発生している恐れはあります。
ただし、手術や身内の不幸に関しては、家相による影響の有る無しはこの質問だけでは分かりません。
就寝場所は、可能であれば東南の部屋か北西の部屋。

北西の部屋で就寝する場合は、玄関ポーチ上部となるようですので、就寝する場所の下に建物がある場所例えば、ポーチ部分は避けて玄関ホール上部で寝ることができれば無難です。

家族構成から判断すれば、南西方位の家相が良相であれば比較的無難と判断します。
1階欠けはポーチ部分だけですので、補正対処は比較的やり易いでしょう。
2階が1階より大きかったりするとちょっと問題ですが、そういうこともないようですし、トイレ、キッチンの家相が良相なら無難です。
宅心・宅心エリアにトイレ等がなければ無難となります。

多段欠けの建物
変形地に家を建築検討中です。
図面によると縦7マス、横13マスの長方形(北側の道路に横長に面しています)
ですが北東部分(縦2マス×横4マス)が欠けており、南東部分(縦3マス×横4マス)が張っています。
この場合、(または欠け張りの大きさを同じにすれば)相殺されないでしょうか。

回答
>> 縦7マス、横13マスの長方形
>> 北東部分(縦2マス×横4マス)が欠けており、
>> 南東部分(縦3マス×横4マス)が張っています。

何通りかの建物形状が頭に浮かんでしまって正確に判断できませんが、欠け相あるいは多段欠けの形状となり家相としては懸念のある形状のようです。
どちらにせよ、北東部分が大きく欠けていますので張り欠けを同じにして吉凶半々とすることは難しいと思います。


張り欠けについて
張り欠けが半分づつですと張りかけなしとの事ですが、敷地が斜めのためこのような住宅を考えておりますがいかがでしょうか?



南北は3分の1以上かけていません。
回答
実際に図面を見る必要はありますが、この■(四角)1つが910×910とした場合、この建物の欠けは、欠け過ぎているので張り欠け無しとは判断しません。
張り欠け無しとするのであれば、次のような建物となります。



欠けについてです
現在の間取りプランで行くと、南北に横6370mm
東西に縦104650mmのうち、南西側に横2730mm
縦40950mmの長方形の欠けがあります。これは欠けでよろしいのでしょうか。

それとも北西に張りでしょうか。
もし欠けであればそれをなくす為に、上で述べた欠けに更に足して北西側の一番下から横1820mmの所から1820mmほどと、縦に1365mmも建坪を削った場合はどうなりますか?
形が階段状?になるので西にも欠けということになるのでしょうか。

回答
質問では、
南北に横6370mm東西に縦104650mm
のうち、南西側に横2730mm縦40950mmの長方形の欠けとなっていますが、一般住宅で南北に6.3m東西に104mの建物という事は無いと思うので、寸法が間違っているようです。

正確な建物の形状は分かりませんが、何となく言いたい事は分かるので推測にはなりますが、欠けになると思います。
欠けの補正に欠けで補正すれば、多段欠けとなり更に凶相となるのでこのような間取りは避けてください。

北西の欠け
新築で 間取り作成中です。
2階の北西が欠けてしまいますが、大丈夫でしょうか

回答
1階に比べ2階の家相の影響はそれほど大きくはありません。
ただし、欠け相については気をつけた方が良いと思います。

欠けのある部屋がどのような用途となっている事や、家族の健康運気の核となる方位がかかっている場合は注意した方がよいでしょう。

どちらにせよ、家相の考え方を大切にしたいのであればできるだけ張り欠けの少ない建物をプランニングする事です。





前へ

トップ

次へ

家相診断・方位診断や質問はこちらからどうぞ。

Copyright (C) 2014 家相の間取りと家相の吉凶 All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
      


家相診断 家相鑑定(特典付き)
良い家相で得られるものそれは家庭の平安です。
家族が幸せで健康となる家作りをお手伝いします。
方位診断・引越日の選定(特典付き)
引っ越し日の入居月日のアドバイス。大人1人2,000円、子供1人1,000円