家相入門 > 家相の間取りと家相の吉凶 > 家族の運気と家相

家相入門

家相の間取り




家相の判断で核となる人物とは
父母が6:4で土地建物共を所有する家を、私家族を迎えて同条件で建て替えます。
一切の費用名義とも両親ですが父は病気で家には帰れません。

現実的に中心は私ですが、家相では実際に住む所有者の母が一番かそれとも私ですか。
また父の寿命が及ぼす影響が計り知れず着工は私の後厄が明けてを予定していたのですが、完成を可能な限り急がねばならない事情も浮上して参り、全く所有権の無い私の後厄であっても問題ですか。

回答
家相を判断する場合、家族の核となる人物については、特に注意して判断します。

核になる人物とは、一般的には、これから中心となって家族を支える事になるであろう人です。
家相の他に、母親が建て替え中に仮住まいをする方位、移動時期そして、あなたの家族の新居へ移動する方位、時期の良し悪しも、良く確認しておく必要があります。





前へ

トップ

次へ

家相診断・方位診断や質問はこちらからどうぞ。

Copyright (C) 2014 家相の間取りと家相の吉凶 All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
      


家相診断 家相鑑定(特典付き)
良い家相で得られるものそれは家庭の平安です。
家族が幸せで健康となる家作りをお手伝いします。
方位診断・引越日の選定(特典付き)
引っ越し日の入居月日のアドバイス。大人1人2,000円、子供1人1,000円