家相入門 > 土地相入門 > 4.排水、埋設物、敷地横断線

家相入門

土地相入門


4.排水、埋設物、敷地横断線

排水経路
・他の土地からの排水経路となっていて、隣地の排水管が敷地内を通っている。
・隣地の敷地内を通らないと排水ができないような土地。

隣地からの排水管が敷地内を通っている場合、地相から見た配管位置(方位)に懸念がある場合でも、既に使用中の場合、配置の変更対処が難しくなります。
また、隣地からの配管にトラブルが発生した場合、その性質上緊急の工事となり、掘削を伴う工事となります。
すでに居住している場合、掘削する方位が懸念のある方位であったとしても工事を延期させる事は常識的に不可能ですので、予期せぬ方災を受ける可能性がありこの様な土地の購入は避ける事が大切です。

隣家から架線が敷地を横断していたり、高圧線が敷地を横切っているような土地。

敷地横断線

高圧線

・建築敷地に埋設物(タンク、構造物)が残っているような土地は、可能な限り撤去する事が大切です。
タンクは清砂などを入れてそのまま残す方法もありますが、居住地として利用する場合は撤去が望ましい。





目次に移動
前へ
家相入門
トップ
家相方位の基本/家相入門_1.方位の基本 家相盤
次へ

家相診断・方位診断や質問はこちらからどうぞ。

Copyright (c) 2014 家相入門. All Rights Reserved. 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。

建築運気携帯サイト・家相学
      


家相診断 家相鑑定(特典付き)
良い家相で得られるものそれは家庭の平安です。
家族が幸せで健康となる家作りをお手伝いします。
方位診断・引越日の選定(特典付き)
引っ越し日の入居月日のアドバイス。大人1人2,000円、子供1人1,000円