家相入門> 家相風水診断 > 2階浴室の家相(キッチン上部が浴室の家相)


2階浴室の家相(キッチン上部が浴室の家相)

1階のキッチンと2階浴室の家相について

1階キッチンコンロの上に2階浴槽がかからないほうが良いということを知りましたが、どうしても浴槽にキッチンユニットがかかってしまう場合、キッチンコンロよりはシンクが浴槽の下にくるほうがまだましということになりますでしょうか。

トイレ、浴室、キッチンは悪くない方位に配置したつもりですが、洗面室がどうしても北東にかかってしまいます。
この場合、洗面台・窓を鬼門ラインからできるだけはずせばそこまで悪くはならなくて済みますでしょうか。

東側と北側(正中線をはずした北)に水回りを配置しましたが、雑排水管が鬼門ラインを横切ってしまう可能性があります。
(可能であれば北は北で、東は東で直接放流にしたいのですがそれが可能かまだわかりません)
放流先が北東でなくても、雑排水管が鬼門ラインを横切るのはよろしくないでしょうか。

回答
図面を見ないとはっきりしない部分がありますが、1階のキッチンと2階の浴室が吉方位に配置されているとして。
基本の考え方としては、キッチンセット(キッチンユニット)の上に浴室が配置されるのは避けた方が無難となります。
とはいえどうしても配置されるのであれば、キッチンユニット(キッチンセット)の上に浴槽が配置されないよう浴室の向きを変えることが出来ないか検討してください。

浴槽の配置も換えることができないのであれば、致し方ないので火口(コンロ)にかからないよう出来ないか検討する。
上記の考え方は妥協案なので、そのことをふまえた上でプランニングしてください。

これも図面を見る必要がありますが、北東の洗面室が良いか悪いかで言えば凶相となりますが、間取りを変更することで他の水回りが凶相になるようなら現状のままで致し方ないと思います。

配置図を見ないとはっきりしない部分がありますが、最終接続先が北東四隅エリアから外れているのなら、配管経路の都合で横切るだけであれば大きな問題は無いと思います。

キッチンの火口(コンロ)の上階が浴室(浴槽)の家相について

新築の家の間取りを鬼門(北東)、裏鬼門(南西)、欠けなどに気を配りながらどうにかまとめていったつもりなのですが、2階浴槽の下にキッチンコンロがかかってしまっています。これは、よろしくないのでしょうか。
キッチンコンロを移動すると、上にベッドが来てしまう可能性があります。
キッチンコンロの上にベッドが来てしまっても大丈夫なものでしょうか。
また、キッチンコンロや家電の上に浴槽やトイレなどが来ないように配慮することと、北東や南西に水回りをもってこないように配慮するようないわゆる基本的な家相上の注意では、仮に両方を上手く実現できない場合、どちらを優先すべきなのでしょうか。

家相の回答
この配置を変更することでトイレが鬼門となったりとデメリットの方が多ければこのままで良いと判断するかもしれませんが、台所の火口(コンロ)の上に浴室の浴槽が配置されるのは、避けた方が良いと思います。

家相の考え方としては2階の浴室は基本的に避けた方が無難となりますが、ここ数十年の技術向上により浴室も防水性防湿性機密性に優れたユニットバスとなったので,この点については、浴室の配置方位に問題が無ければ問題は少ないと最近は判断しています。

台所(キッチン)の上に居室が配置されることは問題ありません。
コンロ(火口)の上にベッドが配置されるのであれば、ベッドの位置を変えて下さい。

優先順位としては各用途(トイレ、浴室、玄関など)が良い方位に配置されていることが大切です。
図面を見ないとはっきり判断できませんが、上記のことが守られているのであれば、1階2階の位置関係については致し方ない部分があったとしても、70点から80点ぐらいの間取りにはなっていると思います。

2階浴室の家相(キッチン上部が浴室の家相)

1階の洗面室に掃き出し窓の形で勝手口を設置して利用する予定です。
(利用頻度はだいぶ低くなる予定で月数回〜年数回程度になると思います)
その1階の洗面室の上に2階の浴室がくる予定なのですが、玄関の上に浴室は避けるべきというのと同様にこの場合も避けたほうがよいのでしょうか。

排水管が掃き出し窓の上または下をを横切らないようにすれば大丈夫なのでしょうか。
また、排水管が洗面室の上の天井裏を通るのと天井裏を通らないように外に出してしまうのでは
どちらがよいのでしょうか。
仮に掃き出し窓の上を避けるとなるとキッチンユニットの上に2F浴室がきてしまうのですが、
浴室の下にキッチンユニットというのは大丈夫なのでしょうか。
2F浴室はユニットバスです。

家相の回答

質問には勝手口と書いてありますが、間取りとしては洗面室(洗面所)の掃き出し窓となり、勝手口のような土間欠けも無いようなので家相としての影響は無いと思います。
使用頻度も月に数回とありますが、この掃き出し窓については毎日使ってもかまいません。

1階洗面室の上に浴室がくることについては、この組み合わせは大きな問題は起きないと判断します。(良い方位への配置(家相)であること)
配管経路については施工の関係や最終接続の関係で難しいこともありますが、最短の経路で外部へ出す配管ができないか検討して下さい。

文面だけでは分からない部分がありますが、洗面室の掃き出し窓の上部あるいは下部を通ることについては問題は無いように思います。
洗面室上の天井裏を通る通らないについては、天井裏を通った方が最短経路であるのならそうしてください。逆も同じです。

1階キッチンの2階に浴室が配置されることについては、キッチンユニット(キッチンセット )の上部に浴室が配置されないよう間取りの計画をした方が良いと思います。
北東(鬼門)や南西(裏鬼門)のような凶方位への配置の場合は、キッチンそのものにかからないようにして下さい。

住宅のお風呂はユニットバスが当たり前となっています。
ユニットバスは機密性と耐久性が高く漏水や湿気(老湿気)が他の部屋へ流れ込んだり、タイルがはがれて腐朽するようなこともまず無いので、基本となる家相を守れば昔ほどに気にしなくても良いと思います。

浴室(ユニットバス)の方位は、北東(鬼門)、南、南西(裏鬼門)は避けて配置するようにして下さい。

図面が無いので簡単な回答となりますが参考として下さい。






家相、風水